×閉じる

沿革

昭和33年 8月26日会社設立 資本金2億5千万円
昭和36年 7月10日新株式発行(増資)資本金5億円
昭和38年 4月25日苫小牧港の開港、石炭荷役事業開始
昭和39年 6月12日工業用地の分譲開始
昭和41年 6月21日新株式発行(増資)資本金7億5千万円
昭和43年 6月21日新株式発行(増資)資本金12億5千万円
昭和43年 12月3日臨海鉄道運送事業開始
昭和47年 4月29日公共東4号埠頭フェリーターミナル運営事業開始
昭和48年  9月 1日本店を東京から苫小牧に移転
昭和50年  4月 1日開発埠頭フェリーターミナル運営事業開始
昭和58年  7月 8日レクリエーション施設の整備運営事業開始
昭和63年  7月 1日SH削進事業開始
平成  8年 6月20日住宅用地の分譲開始
平成  9年  4月 1日苫小牧国際コンテナターミナル関連業務開始
平成10年  4月 1日不動産賃貸業務開始
平成14年  9月17日原油積出業務開始
平成20年  8月 2日苫小牧国際コンテナターミナル関連業務
苫小牧港東港での業務開始
平成21年  7月 1日苫小牧港東港にて共同倉庫賃貸業務開始
平成23年 11月 3日LNG受入業務開始
平成25年 8月21日太陽光発電事業開始
平成30年  5月 1日本社ビル移転